宿便 薬

MENU

宿便を解消する薬はあるの?宿便解消の薬+αの方法7選!

宿便に悩んでいる人は、薬を使ってすっきり出来ないか?と考えることが多いはず。普通の便秘薬で良いのか、それとも特別な薬や方法を使うのか?悩むところです。

 

実は普通の便秘薬では根本的な解消にならないのが宿便の困ったところ。でも、宿便に効果のある薬や、宿便を解消する方法がちゃんとあるんです。女性だからこそ他の人に言えない、聞けない宿便の悩みをすっきり解消してしまいましょう!

宿便と便秘ってどう違うの?

よく聞く「宿便」と言う言葉。便秘とはどう違うのか、気になりますよね。実は宿便は便秘になっていなくても起こる、誰にでもある現象なんですよ。

便秘って何?

便秘というのはよく知られている通り、便が出ない、あるいは出にくくなっている状態のこと。これは食生活、ストレス、消化器官が弱っていたり異常があったりということが原因になっていることが多いですね。

 

下剤や浣腸などを使って腸に刺激を与えることで解消することが出来ます。もちろん、食生活や運動、マッサージなどによって根本的に便秘になりにくい体にしていくことが大切ですね。

宿便は誰にでも起こるもの

宿便というのは排便が起こっているかどうかに関わらず、腸の中に残ってしまっている便のことを指します。便秘の人はもちろんですが、便秘ではない人の腸の中にも3kgから5kg程度の宿便があると言われているのです。宿便というのは通称で、医学用語では「滞留便」と言われています。

宿便は薬で解消できるの?

宿便は普通の便秘薬では完全に解消できないと言われています。もちろん、溜まってしまっている宿便が排出されるということでは効果がありますが、宿便のたまりにくい体になるというわけではありません。

 

さらに、刺激性下剤と呼ばれる下剤の中には、徐々に薬の効果に耐性がついてしまい、薬が手放せなくなってしまうということが起こるものがあります。つまり薬を飲まないとしっかり排便できないという状態になるわけです。これでは完全に逆効果になってしまいますね。

宿便は体に悪影響があるのです

宿便は体にも悪い影響を与えます。便秘になりやすいというのはもちろんですが、それ以外にも驚くような悪影響があるのです。

  • 便秘
  • 痔(固くなった宿便を出そうとして肛門が切れてしまう)
  • 体臭・口臭(腸内で宿便が腐敗するために腐敗臭が発生する)
  • 膨満感(発生したガスによってお腹が膨れているような感覚になる)
  • 食欲が低下する
  • 腸内環境が悪化する(悪玉菌が増加する)
  • 免疫力の低下
  • 生活習慣病のリスクが上がってしまう
  • 新陳代謝が下がってしまい、肌荒れや老化の原因になる
  • 痩せにくくなる
  • 大腸がんのリスクが上がってしまう

驚くほどの影響がありますね。しかも精神的に落ち込んでしまうという影響もあるのです。「ハッピーホルモン」と呼ばれ、幸福感を生むセロトニンは腸で作られるため、宿便によって腸の働きが弱くなると、当然セロトニンの分泌も減ってしまうのです。やる気を生むホルモンであるドーパミンも同じく腸で作られるんですよ。

宿便に効くのは漢方薬!

宿便の解消のためには漢方薬が良いと言われています。漢方薬は西洋医学の対症療法(病気に対して対処する)とは異なり、体質改善という考え方を持っています。ですから、飲むことで宿便が起こりにくい体づくりをすることが出来るわけです。

 

その中でも、「潤腸湯(じゅんちょうとう)」と呼ばれる漢方薬は、大腸で水分を吸収された、硬い便にも効果があると言われていますから、オススメですよ。

薬以外の宿便解消法

薬以外にもさまざまな宿便の解消法があります。1回で効果てきめんな方法から、日常生活の中で取り入れることの出来るものまでさまざまな方法がありますよ。

腸内洗浄

文字通り、腸の中を洗い流す方法です。これは自分では出来ません。病院や美容クリニックなどで行うことが出来る医療行為です。一度で完全に腸の中がきれいになるので、効果としては抜群だと言えるでしょう。ただし、腸の中の善玉菌も洗い流してしまうというデメリットもあります。さらに健康保険の適用外になってしまいますので、料金が高額になるというのもデメリットです。

水を飲む

朝起きたときに水や、無糖の炭酸飲料を飲むというのも方法の一つです。起き抜けに水分を摂ることで腸の活動を活発にすることが出来ます。すっきりと目を覚ますことも出来るので、一石二鳥ですね。

白湯を飲んでデトックス

朝昼晩の一日3回白湯を飲むとデトックス効果があると言われています。白湯は腸の働きを活発にする上、水分を与えるので排便しやすくなると言われています。

塩水を飲んでデトックス

ミネラルウォーター1リットルに10mg程度の食塩を溶かした塩水を飲むと、腸内のデトックス効果があります。塩は天然塩を使うのがポイント。さっぱりとした味にするため、レモン汁を入れてもOKですよ。起き抜け20分以内に塩水を飲むだけで効果が現れます。何度かに渡って便意が起こるため、休みの日に行うのがオススメですよ!

食生活の見直し

食物繊維を多く摂るようにするというのも大切なことですね。野菜やこんにゃくなど、食物繊維の多い食材を意識的に摂るように心がけると良いでしょう。また、バナナやきなこ、ハチミツなどに含まれるオリゴ糖は、腸内の善玉菌のエサとなるので、腸内環境を整える上でも非常に効果的です。

適度な運動やマッサージも効果的!

毎日の適度な運動も宿便に効果的です。ジョギングのような有酸素運動や腹筋などのトレーニングだけでなく、ストレッチや簡単なヨガのポーズなどでも良いですね。適度に体を動かすことで、腸だけでなく全身の働きが良くなりますし、代謝も良くなるので痩せやすい体になりますよ。

 

また、ツボ押しや、お腹の「の」の字マッサージなども腸に刺激を与えるので効果的です。

まとめ

宿便は薬を飲むだけでは根本的な解決方法にはなりません。宿便のたまりにくい体づくりをするために、漢方薬を使ったり、日々の生活の中での食生活の見直しや、運動する時間を取るなどと行ったことが必要になってきます。より若々しくきれいで健康な女性になるために、宿便解消がんばりましょうね!