便秘から考えられる病気ってどんなものがあるの?便秘が伴う病気とは

便秘 病気

 

便秘が長く続くと、体に不調が出てきますよね。それは本当に「便秘」なのでしょうか。あまりひどい場合や、長く続く場合、改善が見られない場合は、便秘を伴う病気である可能性もあります。早めに病院に行くなどして、予防したいですね。

慢性的な便秘の場合、病気かもしれない

便秘気味の人は、何日も便通がないのが当たり前、という人も多いかもしれません。けれど、つらい便秘が長い間続く「慢性便秘」や、ひどい便秘の場合、他の病気が原因である可能性もあるのです。

 

便秘の主な原因は、胃や腸の働きが鈍くなっていることが考えられますが、便秘を引き金にして、他の病気を伴っていることも考えられるのです。気になる場合には、一度病院を受診することが必要かもしれません。

腸の神経に問題がある

現代人の便秘の大きな原因となっているのが「ストレス」による便秘です。この場合、腸そのものに原因がなくても、腸の神経に異常をきたしてしまい、便秘となってしまうのです。

過敏性腸症候群

過敏性腸症候群というのは、その名のとおり、腸が過敏になってしまうことで起こる病気です。便秘、腹痛や、腹部の不快感などを伴うのが特徴で、頭痛を引き起こす場合もあります。

 

さらに、不安な気持ちになってり、集中力がなくなってしまうのも特徴で、仕事に支障が出て気がつく人も多いでしょう。

 

便秘に伴う下痢の症状が出たら過敏性腸症候群を疑うべき!?

自律神経失調症

自律神経失調症は、ストレスや生活習慣の乱れによって引き起こされる病気です。便秘になりやすく、さらにストレスによって食欲の低下、冷えやめまい、息切れなども起こります。

腸そのものに問題がある

腸の神経ではなく、腸そのものに問題がある場合も、便秘になってしまうでしょう。食生活など、便秘対策をきちんとやっているのに効果がない、痛みが強い場合など、もしかしたら腸そのものに問題があるのかもしれません。

大腸がん

便秘に加えて、出血、血便などの症状が見られる場合は、大腸がんの可能性もあるので、一度病院で検査してみるのが良いでしょう。初期段階ではほそんど自覚症状がないため、便秘がひどくなってから気がつくという人もいるようです。

大腸ポリープ

ポリープというのは、胃や腸の内壁にできる腫瘍のことで、大腸にできるものを大腸ポリープと言います。このポリープが排便を妨げることによって、便秘になるのです。

 

便秘が長く続く場合は、ポリープの可能性もあるので、病院で検査をすることが必要です。大腸ポリープは、がんに変わることもあるので、早めに受診した方が良いですね。

腸閉塞

周期的に起こる強い痛みを伴ったり、腹部膨満、吐き気、嘔吐などの症状がある場合には、腸閉塞である可能性があるかもしれません。放っておくと、さらに痛みが増す可能性があるので、早めに病院を受診した方が良いでしょう。

女性特有の病気

便秘になるのは、女性の方が多いように感じられます。ダイエットや睡眠不足などの原因もありますが、女性特有の病気から便秘になることもあるようです。

子宮筋腫

子宮筋腫や、卵巣のう種は、どちらも女性器に腫瘍ができてしまう病気です。これが腸を圧迫してしまうことによって、便秘になることがあります。その大きさや位置によっては、他にもさまざまな支障が出てきてしまうので、早めに検査を受ける必要があるでしょう。

子宮内膜症

子宮内膜症とは、子宮内膜が他の臓器に広がってしまうという病気です。腸にできてしまうことによって、腸管が癒着し、便秘を引き起こすのです。

 

毎月の生理痛がつらい、トイレに行くと痛みが激しい場合などの症状がある場合は、早めに検査をすることが必要ですね。

常習便秘と症候性便秘とは

便秘には、大きく分けると、常習便秘と症候性便秘に分けられます。多くの便秘の場合には常習便秘で、これは生活習慣や食生活が原因となっている場合がほとんどです。とくに、水分不足、食物繊維不足、さらに、女性に多いのが「外出先で排便はしない」という生活習慣が、便秘を引き起こしている可能性があるのです。

 

さらに、旅行などの環境の変化、ストレスによって便秘が引き起こされ、なかなか改善しないといった場合もあるでしょう。この場合には、これらの原因を取りのぞき、規則正しい生活と食生活を心がけることで、改善します。

 

ところが、症候性便秘の場合には、なんらかの病気が原因となって、便秘を引き起こしているので、食生活などを改善しても、便秘が改善されないのです。大腸がんなどの消化器系の病気、脳神経、甲状腺など、一見関係がないと思われる病気でも、便秘を引き起こしてしまうことはあります。

 

慢性的に便秘が続いたり、つらい痛みが伴う場合などは、迷わずまずは病院を受診してみましょう。早めに治療することによって、さらに悪化するのを防ぎ、便秘を改善することもできるでしょう。

 

便秘にお茶が効く?意外と知らない驚きの便秘解消法!